コンタクトレンズ

最近、目が乾く!?冬はコンタクトレンズの見直しが必要!

投稿日:2017年11月4日 更新日:

Olichel / Pixabay


本日はコンタクトレンズの乾燥について書いていきます。どうしても冬が近づくと目が乾燥しますよね。夏は湿度が高いのであまり乾燥は気になりませんが11月〜4月は湿度が低く目の乾きが気になります。この記事が目が乾燥していると言う方の悩み解決になれば嬉しいです。

コンタクトレンズが乾く原因

素人の私が説明してもわかりにくいのでメーカーさんのサイトから引用させて頂いております。要は涙はめちゃくちゃ重要と言うことです。

涙には、目の表面で広がろうとする性質があり、この性質によって目は乾燥から守られています。そして、この性質を支えているのが涙の水分やその他の涙の成分です。涙は単なる水分だけではなく、他の成分も大切なのです。涙は大きく分けて、表面から油層と液層の2つの層からなり、油層は、涙の蒸発を防いでいます。また、液層の中にはムチンという物質が混じっています。涙の油層、水層、ムチンは、すべて、涙を広げるのに役立っていて、涙の水分が減ったり、油やムチンが減ると、涙が広がりにくくなって目は乾燥しやすくなります。
引用元:http://acuvue.jnj.co.jp/support/health/d_eye/

コンタクトレンズをつけるとこの涙の2層が崩れて乾燥するんだそうです。なのでコンタクトレンズをつけるという事は必然的に乾燥しやすいのです。だからと言って今更コンタクトレンズの利用を辞めるのは難しいと思います。少しでも改善する為にコンタクトレンズを選ぶ時に重要な含水率について説明します。

含水率について

WolfBlur / Pixabay


コンタクトレンズには含水率と言う項目があります。簡単に言うとコンタクトに含まれる水分の割合です。含水率が高いコンタクトレンズを高含水コンタクトレンズ、含水率が低いコンタクトレンズは低含水コンタクトレンズと呼ばれています。それぞれ2つのレンズの特徴をご説明します。

高含水コンタクトレンズの特徴

高含水コンタクトレンズはその名の通り、水分割合が多いコンタクトレンズです。特徴としては水分割合が多いのでつけ心地がとても良いです。一方でコンタクトレンズが乾燥すると水分量を保持する為に、目の水分を奪ってレンズの潤いを保持しようとする為、乾燥しやすいです。レンズの厚みが増す事により酸素透過性も低含水に比べ低くなっています。また高含水レンズは汚れやすいというサイトも見かけますが、実際には高含水のコンタクトレンズと言うよりはイオン性か非イオン性のコンタクトレンズかによって汚れやすさは変わってきます。後ほどイオン性、非イオン性についても触れさせて頂きます。以上の事から高含水コンタクトレンズはあまり冬には適していない事がわかります。現在は保湿成分を含むコンタクトレンズが増えてきているので、現在使っているレンズが乾燥しやすいと感じる方は、保湿成分が含んでいるコンタクトレンズを選ぶようにしましょう。ワンデーアキュビューモイスト、ワンデーピュアうるおいプラス、ウェイブワンデー、クレオワンデーUVモイストが保湿成分を含んでいる高含水レンズの代表格です。

低含水コンタクトレンズの特徴

低含水コンタクトレンズもその名の通り水分割合が少ないコンタクトレンズとなります。特徴としてはレンズの厚みが薄い為、酸素透過率が高く乾燥しにくい点がメリットです。一方でつけ心地や水分量が少なくなると目の異物感を感じる事もあります。高含水、低含水どちらにもメリット、デメリットがありますが、これから始まる冬の季節は低含水コンタクトレンズが適している事がわかります。

コンタクトレンズグループ表

有名メーカーのコンタクトレンズをグループ表に分けました。実際に利用されているコンタクトレンズがどのグループに属しているか確認してみましょう。
lensgroup
イオン性は酸素を通しやすく装用感は良いが。タンパク質がレンズにつきやすく汚れ易いというのが特徴。非イオン性はタンパク質が残りづらく汚れにくいのが特徴です。化粧汚れなどが気になる場合はなるべく非イオン性レンズをつけることをおすすめいたします。汚れはどうしても付着しますので、コンタクトレンズをつけるときに気をつけてつけるのが一番です。本題のコンタクトレンズの乾燥の話に戻ります。低含水のグループはグループⅠに属します。今、使っているコンタクトレンズが乾く方はグループⅠ意外の可能性があります。ご自身がつけているレンズがどのグループに属しているか確認してみてください。上のグループ図にのっていないコンタクトレンズをご利用の場合はコンタクトレンズの箱に入っている添付文書で確認してみてください。季節に応じてコンタクトレンズを変えて見るのもいいかもしれません。ぜひ、検討してみてください。
※涙液には個体差があります。目の乾き、ドライアイだと感じる場合は一度眼科で検査してもらうようにしましょう。

当サイトでおすすめするコンタクトレンズ

デイリーズトータルワン

“デイリーズトータルワン”


私も一度つけましたが、今までにないぐらいつけていることを感じさせないコンタクトレンズになっています。メーカーページでも書かれていますが、夜遅くても外したくならないコンタクトレンズです。というか外すのを忘れてしまうくらいつけている感覚がありません。。すみません、しつこいですね。含水率だけで見るとグループⅡの中で一番低い33%になっています。この冬の乾燥を乗り切る為に一度、デイリーズトータルワンを使ってみてはいかがでしょうか。デイリーズトータルワンを買うならレンズラボがお得。



レンズラボがお得

ワンデーアキュビューオアシス

“ワンデーアキュビューオアシス”


ワンデーアキュビューオアシスのコンセプトは”過酷な環境でも1日中、疲れ知らずな目へ”。私も利用しましたがコンセプト通りパソコン仕事でも一日中快適に過ごすことができました。エアコンがついて乾きやすい部屋でも、その力を発揮してくれました。難点は他の一日使い捨てコンタクトレンズと違い、価格が高い所です。1ヶ月分で7000円〜8000円と言った所でしょうか。ただしその価格に見合ったコンタクトレンズになっています。ワンデーアキュビューオアシスを買うならアットスタイルがお得です。

アットスタイルがお得

ワンデーアキュビュートゥルーアイ

“ワンデーアキュビュートゥルーアイ”


最近ではワンデーアキュビュートゥルーアイを利用しているユーザーが増えてきています。ワンデーアキュビューモイストの後継商品であり、そのワンデーアキュビューモイストと同価格で販売されていることが一つの理由かと思います。グループⅠの中で含水率は高く46%です。50%以下から低含水の枠に入るので、低含水の中でも水分が多いことがわかります。価格はリーズナブルなので、ワンデーアキュビューオアシス程の価格はちょっと出せないという方はワンデーアキュビュートゥルーアイを試してみることをおすすめいたします。ワンデーアキュビュートゥルーアイを買うならレンズクラスがおすすめ!



レンズクラスがお得

コンタクト通販ランキング

アットスタイル

コンタクト通販の老舗店舗です。ネットで初めて購入する方にオススメの店舗!全額返金を約束しているお試しキャンペーンがあるのが特徴的。週末にはセールを行っており安い値段で提供してくれるのも老舗だからできるサービス。レンズの取り扱いが少ないのがマイナスポイントだが、価格、送料、配送スピードを考えると総合的に1番なのはアットスタイルではないだろうか。

レンズラボ

圧倒的な品数と価格の安さが売りのレンズラボ!今なら全品送料無料!ワンデーアキュビューオアシス乱視用デイリーズトータルワンを買うならレンズラボをおすすめします。レンズラボで初回購入の方は10%OFFで購入可能!クーポンコードに「lenslabo」を入力しお得に購入しよう!既に会員の方も1万円で500円OFF「len500off」1万5千円以上で1000円OFFクーポン「lens1000off」も発行されているので忘れずに!海外発送なので到着までは少し時間がかかるので、コンタクトレンズがなくなるギリギリの注文ではなく余裕をもって注文することをおすすめします!

レンズアップル

コンタクト通販と言えばレンズアップルという声は多いだろう。芸能人の優木まおみさんをイメージキャラクターとしているのも印象的だ。ナショナルブラントの取り扱いも多いイメージだがやはりレンズアップルと言えばプライベート製品が多く目にする機会が多い。ウェイブワンデーウェイブ2ウィークなど高品質でリーズナブルな製品をユーザーに届けようという企業努力が感じられるのもレンズアップルの強みであろう。

-コンタクトレンズ

Copyright© コンタクト通販比較サイト , 2019 AllRights Reserved.